日本のデジタルカメラがなぜ世界最高品質なのか

日本の技術の高さを証明するカメラの存在

そして日本の技術を最も世界中に知らしめたのはなんと言ってもカメラの存在を抜きにしては語れないでしょう。
フィルムの時代から現在のデジタルカメラの時代まで、昔から現在を走り続ける日本のカメラ技術は世界中を席巻し、もはや世界中のカメラは日本メーカーのものといっても差し支えないでしょう。
カメラそのものを発明したのは日本ではなくフランスでありましたが、日本の技術者達はそのカメラの技法の発展のために様々な革新的技術を生み出し、諸外国の技術をはるかに追い越してしまい、実に完成度の高いカメラたちを生み出してきました。
時代は移り変わり現代のデジタルカメラに至ってはついに世界を手中に収め世界一のカメラ大国となりました。

世界中を網羅している日本のカメラメーカー

このように現在のカメラはほとんど日本のカメラメーカーが世に送り出しているといってよく、日本国内はもちろん世界中のカメラ店にはほとんど日本のメーカーのカメラが店頭に並んでいます。
日本のカメラが世界のカメラとなった背景には第二次大戦の敗北後アメリカの統治下に置かれた日本が輸出品としてカメラを輸出し始めたのが大きなきっかけといわれています。
それから日本のカメラ技術が飛躍的に向上し、ものすごい勢いで進化をはじめ、現在では日本のカメラは世界一のクォリティといわれるまでになりました。
その勢いは今も衰えることはなく、デジタルカメラの登場によってカメラは更に進化を遂げ日本はデジタルの時代になっても世界のリーダーシップを取り続けています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ