新亜光学工業の技術力を証明する特許、光量調節装置の凄さとは

世界一の水準を誇る日本の工業技術

現在は日本の精密機器を始めとした工業技術の水準の高さは世界一といわれておりいまや世界中で日本の部品が重要な機械に生かされています。
又精密機器に留まらず、その技術は大型船舶や飛行機、自動車、建築物などさまざまな分野の製品に使用されており、日本のものでなければ信頼できないと言わしめるまでになりました。
もともと明治時代からの開国による工業の発展に伴い日本の工業技術はめまぐるしく進歩を続け、皮肉なことですが戦争の始まりがそれに拍車をかけ、世界に恐れられる平気を生み出すまでになりました。
しかし敗戦後の日本の復興にもその技術は役立ち、高度経済成長を経て現在の技術大国になるまでの技術進化を遂げているわけです。

世界中を網羅している日本の技術

日本の工業技術特に精密機械の技術においては早くから世界に並ぶものはなく、特に時計やカメラ、ラジオ等の精密基盤に関しての技術は常に革新的な技術を披露し続けています。
特に日本を有名にしたのはトランジスタラジオの発明が記憶に残り、精密な技術力が要される電子基盤の製作能力は当時世界中の人々を驚かせたものでした。
それらの発明から日本は高度経済成長期に入り、建築、工業、家電製品など幅広い分野で日本の技術は高く評価され今日に至るまでMade in Japanという言葉はもはやブランド化しており、日本という国の実力を見せ付けることとなっています。
今日に至る日本の工業技術の隆盛は現在も進化し続けており常に世界の技術をリードし牽引しております。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ